美容室を変えた

昨日近所の美容室に行ってきました。最近はずっと電車に乗らずに行ける地元の美容室に行っていますが、美容室自体はちょくちょく変えています。
ここ数カ月はカットが1800円という極端に安い美容室に行っていましたが、やはり大雑把なカットが気に入らず、通うのをやっぱりやめました。
そこで昨日は別の美容室に行ってきたのですが、カットが3780円で、なかなかの接客と技術でした。
お店も白を基調としたシンプルな感じで、美容室らしい美容室という感じでした。
スタッフの方は真面目な方が多い印象で、押しつけがましくない接客が良いと思いました。
カットの時に飲み物を出してくれたのが私としてはとても嬉しかったです。
意外と美容室って緊張したりして、喉が渇くのです。
シャンプーもとても丁寧で、気持ち良くリラックスできました。
本題のカットの方は、きちんとこちらの希望する髪型をヘアカタログで確認してくださり、納得のいくように切ってくれました。
やはり美容室はこちらの要望をくみ取ってくれるととてもありがたいと思います。
なりたい髪型を伝えるのは難しいですが、うまくそれを再現してくれるとまたこの美容室に行きたいと思えます。
今回の美容室は値段と言い、カットといい、とても満足いきました。
hair_biyoushi

Category:

車のお店のエンブレム作り

自動車のオリジナルパーツを販売しているお店を経営しています。
自分でも車のパーツを整備してサスペンションやエンジン周りをいじるのが大好きで、それが講じてお店まで開くようになってしまいました笑。
おかげさまでこれまでの仲間も常連さんになってくれて、知り合いがいろんな人に広めてくれてお客さんも順調に増えていっています。
今度正式にお店のオリジナルパーツにいろんなネーミングをして売り出すことになりました。
ロゴをデザインしたりするのも大好きなので、知り合いなどに見てもらいながらいくつかのデザインを作ってみました。
最初はダサいとか好き勝手に言って来ましたが、知り合いのイメージを取り入れていくと中々的を射ていて良い感じになってきました。
ネーミングをしてロゴを作って、表に見えるパーツもマフラーなどのパーツも全部デザインしていきました。
これはもうこだわりですね。
販売している時にはパーツを見てもらうので、やはりインパクトは大事です。
エンジン、サス、マフラー、バンパー、ウィングなどとにかくいっぱい作りました笑。こうやってブランド化できるとパーツの名前が売れてきて、雑誌などに出す広告なども売り出しやすくなります。
あとこだわりたかったのは、自分のお店のロゴを車に付けてもらうことです。
プレートをボディに貼ってもらうと、オリジナルパーツのこだわりも出てくるし、お店の宣伝もしてもらえる笑。
ここはこだわりたい点でした。(結局全部こだわるよくばりなやつです)
デザインも知り合いたちが「カッコいいじゃん」と言ってくれる納得できる出来になりました。
デザインが完成したら次の問題はこのロゴをどうやって加工するかでした。
シールなどはこれまでも作ったことがあったんですが、車に付けるプレートはメーカーが付けているエンブレムのような高級感を出したいです。
調べているとエンブレムの加工をしてくれる工房を見つけました。
金属製のプレートにフォトエッチング加工という技術で名前と絵のデザインを彫ってくれるそうです。
フォトエッチングだとデザインしたまま精巧に加工できるということで早速PCでデザインを作り、画像ファイルを持って行きました。
加工はPCの画像通りに自動で作られるそうです。
色はアルミ素材のシンプルなシルバーのイメージです。
完成品を見ると、アルミの上にデザインが乗っていてまさにイメージ通り。
納得の出来栄えです。
知り合いたちも「この質感いいね」と言ってくれてロゴの完成です。
今はパーツを購入してくれたお客さんに「このエンブレムぜひ貼ってください」とお願いして無料で配っています。
大量に作ると1000円以内で作れるので問題なし。
宣伝料と思えばお店の宣伝として見れば安いものです笑。

Category:

病院の待合室で絵画鑑賞

今日は午後から病院に行って来ました。
かかりつけのクリニックですが、数年前に移転し新しくなってからは通うのが楽しみな空間になりました。
特に素晴らしいのが、患者が長い時間を過ごす待合室です。
リニューアル前より広くなり、家具も一新されました。
真っ白な床はいつもピカピカで、優しいクリーム色のソファは壁と同じ色です。
白系統にまとめられているため、院内が明るくて清潔感に満ちています。
この待合室には秘かな楽しみが二つあります。一つは中庭が見え、ミニ日本庭園のように手入れがなされていること。
生きた緑が見えると、やはり人は心癒されるものです。もう一つは、クリーム色の壁に掛けられた大きな絵です。
海辺の町が描かれていて、ブルーの色使いが綺麗でいつも見とれていました。

ところが今日行くと、この絵がなくなり、別の絵に変わっていたのです!

思わず受付で聞いてみると、それはレンタル絵画で、4ヵ月に一度交換しているのだそうです。
ということはもうあの絵は見られないわけですが…新たに飾られた絵も、よく見るとすごく素敵です。

今度のは運河のある街並みの絵で、街路樹の新緑が水面に映って運河の水が美しい青緑に染まっています。
運河沿いの建物は白壁で、白とグリーンのコントラストがとても爽やかです。
その絵の世界に入り込んで散歩をしたくなりました。

そんな風に想像力が膨らんだおかげで、一時間の待ち時間も全く退屈することがありませんでした。
しばらくは運河の絵を堪能し、し尽くした頃にまた新たな絵が見られることになります。

海の絵がなくなったのは残念でしたが、レンタル絵画にはレンタル絵画ならではの楽しみがありますね。

大画面のテレビを置くより、じっくり絵を見せるほうが品とセンスが良いと思います。

 

Category: