ちょっと未来

SFというジャンルの作品には、概ね2つの種類に分けることが出来ます。

現在理論だけは存在する技術が実用化した超未来を描いた作品と、現在存在するものが進化したちょっと未来を舞台とした作品です。

そのSFジャンルの中で鉄板なのが、ロボットものですがこらもまた2つのタイプに分類でき、アトムやドラえもん的な人間のような人格を持つ自律型ロボとガンダム・マジンガーのような操縦者の力を拡大するガジェットとしてのロボです。

お気づきかも知れませんが、自律型ロボの作品は基本的に超未来タイプの作品ばかりです。

人間をテクノロジーで再現というのが高度すぎて現実感がないのです。

しかし今、現実的なちょっと未来+自律型ロボという、意外と画期的な作品が出ました。

人間とアンドロイドの恋愛を描くアニメ「プラスティックメモリーズ」です。

使い古されたある意味陳腐なテーマに一見すると見えます。実際このテーマは、最早陳腐すぎて真面目なSFではあまり使われなくなったほど。

が、それは「超未来の夢物語」の話です。

ASIMOに始まる二足歩行ロボの実用化。

人間が押され気味の将棋の人口知能。

人間を模したロボットの誕生を夢物語と思う人は、最早いない筈です。

このタイミングでこのテーマの作品というのには、そう言う意味があるのです。

まあ、作品の細かいアラを言い出したらキリがないですから広い心で楽しむべきですけどね。

eigakan

Category:

妹夫婦が一戸建て住宅の相談に来ました

妹夫婦が今住んでいるマンションから一戸建て住宅に引っ越すことを考えたいといって実家の父に相談しにやってきました。

我が家も十年ほど前にマンションから一戸建てを建てて引っ越したので家を建てた経験のある父にどんな建設会社を選べば良いか、そもそも注文住宅にするのか、分譲にするのか、ローンはどれくらいの年数で組むのかなど、小さい子供がいる二人は真剣そのものの顔で相談していました。

確かに、大きな買い物の中でも何年かに一度買い換える車などに比べて家は一度買ったらもうそこからはなかなか離れることはできなくなるので、一戸建て住宅を借りるのではなく建てるとなったら、悩んでしまいますよね。

父がこの町に家を建てようと決めたのは父が転勤を繰り返し、なかなか私たち家族に会うことが出来ない時だったそうです。

当時の職場はこの家を建てたところよりはもう少し奥にあるのですが、「田舎過ぎず都会過ぎず、子供たちが過ごしやすくて毎日一緒に暮らせたら一番良いな」と思い、毎週末の休みにはあちこちの建設会社の説明会を回って、私たちと一緒に住むための物件探しをしていました。

妹の旦那さんも同じように職場がマンションからかなり遠く、帰宅するころにはいつも小さい子供たちは眠っていて週末に少しだけしか一緒に遊んでやれないのが寂しいと父に話していました。

一戸建てを建てる理由は広さや便利さがメインかなと思っていたのですが、やっぱり家族と触れ合うというのも大きな動機になるんですね。

そんなわけで父と妹夫婦は来週一緒にこの家を建てた会社の相談窓口に行く事になったそうです。

ここには、自宅の担当をしてくれていた方がまだ勤めていて、今も父とも顔なじみなので親身に相談に乗ってくれそうです。

まだ30代はじめの妹夫婦にとって新しい家は初めて経験する大きな買い物です。

最初から全く知らない人、知らない会社に相談するよりもまず自分の身内が家を建てた会社に話を聞けるというのはメリットもデメリットもわかっている分安心して相談できそうです。

しかし甥っ子たちは気楽なものでぴょんぴょん飛び跳ねながら引っ越したら犬が欲しい!猫がいい!とまだ全然予定も立っていないのに動物図鑑を持ってきて両親にこの犬が欲しい!

とせがんでいました。私たちもこの家に引っ越したら犬がほしい、といって引っ越してから数年後に初めて犬を迎えた時は本当にうれしかったのを思い出します。

家探しが始まったばかりで何年先になるのかはわかりませんが、妹夫婦が両親のように素敵な一戸建て住宅を見つけて、家族と犬と暮らすようになってほしいですね。

Category:

買い物でも世間の目が見ています

子供が小さい時は工事の度にじっと立ち止まってはずっと見ていました。
それでかなり長い間見てましたから興味があったんですね。
男の子はやはり工事などは(^^♪好きで、女の子とは違うなあという事がありました。
女子はもう少しのある事が(*^_^*)好みなのかもしれません。

小さい頃からもう違っているのかも知れませんね。
いずれにせよ夢があれば良いと思います。
それに段々男子と女子では好みも変わって来ます。
私は男っぽい性格ですが主人と30年近く付き合うことになりました。
子供も出来て子供が一人前に成人すれば私も主人も一安心です。

ウチはオトコの子が二人ですが主婦として何とかやっています。
お弁当を作るのに早く起きるのが(>_<)苦痛でしたが慣れてきます。
男の子二人で女の子を育てた経験がないのでわかりませんが、女の子であれば話し相手にもなるのかひょっとしたら自分でお弁当を作って行ってくれるかもしれません。

主人は初めは料理を作ってくれていた時もあります。
主人の基本は肉、魚、野菜と満遍なくとる事で野菜は欠かさず食卓に出てきました。
しかし年齢が行ったのか最近は何もせずごろごろしています。
買い物には行ってくれるんですが、肉が半額だとか惣菜が割引になっているとか(^_^;)大きな声で電話してくるんです。

世間は思ったより狭く何処で見られたり\(゜ロ\)(/ロ゜)/聞かれたりするか解りません。
(ーー;)注意、注意ですね。

Category:

ホームページ作成にお金をかけることについて

ビジネス目的ホームページ作成をするならば、そのホームページにはお金をかけることも(?_?)考えなければならないと思います。
今では無料ホームページ作成ができますので、お金をかけるのは(^_^;)もったいないと思ってしまうかもしれません。
しかし、無料で作れるホームページというのは、やはりその((+_+))クオリティーに限界があります。

それは、使える機能が制限されていたり、容量がすぐ一杯になってしまったり、
関係のない広告が表示されてしまったりなどです。
こうしたことはあればあるほどホームページのクオリティーが下がってしまいますので、どうしても(;一_一)満足のいく仕上がりにはなりにくいです。
満足のいく仕上がりにならなければ納得ができないですし、集客力も落ちてしまうと思います。
ですので、そうならないようにしていかなければらないのです。

ホームページ作成には、月額でお金をかけていくタイプのやり方があり、それならば作成に際して不自由に感じることはほとんどないはずです。
有料ならばやはりその機能はとても充実していますし、充実していれば納得いくまできちんとしたホームページに仕上げることができます。

有料といっても月に千円以下でできる場合も多いですし、そんなに(^_^;)高額なお金がかかるわけではないです。
どこか専門の業者に頼むとなればもっとお金がかかってしまうのかもしれませんが、そうではないのならば低額におさえて作成をすることが十分可能です。

有料でお金をかけていれば必ず良いホームページになるとはっきり断言できるわけではありませんが、お金をかけたほうが選択肢が広がるのは間違いなく、
それならば(>_<)失敗するリスクも低くなると思います。
失敗するリスクが低くなればきちんとしたホームページによって集客することも期待できますし、それならばお金をかける価値は十分あります。

つまり、良いホームページを作りたいのならば、ある程度の出費はしかたがないですし、そうしなければいけないと私は思っています。
私の勤めている会社では奈良のホームページ制作企業に依頼していました。

Category:

ご飯にポン酢をかけて食べました

最近はあまり食欲が無いので、簡単なものだけ食べています。

ご飯にふりかけや鮭フレーク、昆布などをかけるだけの、簡単に作れてすぐに食べれるものが多いです。

先日はご飯にポン酢をかけて食べました。

私はポン酢が大好きで、餃子や天ぷら、豆腐などあらゆるものにかけています。

あの味はご飯にもあうと思い、ご飯にかけたのです。

やっぱり美味しかったです。

醤油をかけるよりもしょっぱさがないですし、さっぱりしています。

それに海苔や納豆を合わせても美味しいですね。

そういえば昔から、天ぷらなどにつけたポン酢をご飯にちょこっとつけて食べていましたし、相性が良いことは明らかでしたね。

ご飯にシーチキンを載せ、ポン酢を垂らすのもおいしいんです。

ポン酢は何にでも合う万能調味料です。

調味料を一つだけ選べと言われたら、私は絶対ポン酢を選ぶと思います。

syokuji_woman

工場などが用いている事もある断熱塗料

断熱塗料は、主に夏の暑さ対策に用いられている傾向があります。

倉庫業の方々などは、それを天井部分に用いている事が非常に多いですね。夏の倉庫の中は、かなりの暑さになってしまうからです。

しかしその塗料は、何も倉庫業の方々が用いているとは限りません。

いわゆる工業従事者の方々が、それを用いている事もしばしばあるのです。

そもそも工場などでは、熱を発する機械を用いている事もあります。

熱を用いて何かの加工をする機械などは非常に多いのですが、しばしばその維持コストが重視されるのですね。

機械で熱を作るとなると、もちろん様々なエネルギーが必要になります。

その際にも、発熱エネルギーの為の費用がかかる訳ですね。

その費用は、決して軽視できません。

さらに工場で用いている機械の中には、断熱性があまり良くない物もあります。

そのような機械の場合は、熱エネルギーの外に逃げてしまう事があるのです。

それだけ多くのエネルギーコストがかかってしまいますので、会社に対する経費を圧迫してしまう事があります。

もちろんそれでは、工場としては困ってしまうでしょう。

このため工場の方々などは、断熱塗料を用いている事も非常に多いのですね。

熱を発する機械の表面にその塗料を塗る事で、外に熱が逃げないようになるのです。

また外から冷気などが入ってくるのを防止できますので、発熱コストを低く抑える事ができるのですね。

ですので工場の発熱コストがちょっと気になるようであれば、断熱塗料を用いてみるのも一法でしょう。

Category:

いたずらを繰り返す次男。

最近(>_<)困っていること。それは、わが子のいたずらです。
この半月ほど、毎日同じいたずらを繰り返しているうちの次男坊。
<(`^´)>叱り飛ばしても優しくしても、同じいたずらを繰り返しています。

そのいたずらとは、水やお茶を布団、洗濯物、座布団などにこぼすこと。
発見した直後に叱ると(>_<)号泣して謝るくせに、次の日、ひどいときは数時間後に同じいたずらを繰り返します。
正直これが半月も続いているので、怒りを通り越してあきれてきました。

色んな人に相談してみたところ、寂しさからくるのでは?とのこと。
確かに三人兄弟の真ん中で、まだ末っ子には手がかかるし、一番上の子は思うように自分を相手にしてくれない・・・
そんな((+_+))寂しさがあるのかもしれません。

いたずらを繰り返すようになってから、夜は絵本の読み聞かせ、日中はなるべく遊び相手になるように心がけていますが、目を盗んですぐにそのいたずらをするので<(`^´)>怒り心頭。
ついつい私も怒りすぎてしまうので反省するのですが、また同じことをされると正直次男の顔も見たくないような心境になってしまいます。

それでも、なんとか付き合うしかないのでしょうね。
なるべく本人が一人になる時間を減らして、いたずらの元凶となるものを排除していくこと。

今は水筒のお茶をこぼしているので、帰宅後はすぐに下げるようにしなければ、と思っています。

早くいたずらが直って、(;一_一)平穏な日々が戻ってきますように。

 

Category:

単身赴任の荷造りと引越し

大阪へ単身赴任の引越し決まりました
会社持ちでマンスリーマンションを借り、基本的には費用はかからないですが、
部屋に設置されているAV製品は(・。・;テレビしかありません。
残業があるのでDVDレコーダーは必要ですし、家にあるiPhoneを繋いで鳴らすプレーヤーもこのマンション用に1つ買っておきたいなどいろいろ用意したいものがありました。

ただ大阪で家電を揃えるのは何かと(>_<)苦労するので、地元で買って引越しの荷物として送った方が良いなと思いました。
さっそく家電量販店に行きます。

最近はDVDレコーダーもかなり安く、5万円以内で今自宅にあるものより高機能のものが売っています。
単身赴任が終わったら自宅に置けるな、と言い訳しながら買っていきます。
iPhoneのプレーヤーも全く同じものを買い、これは帰ってきたら(*^_^*)娘にあげようと思います。

また出来れば足になる自転車も購入したいと思っていたのですが、引越しで頼むと(;一_一)高くなりそうだなと思いました。
ダメ元で同じ量販店にある自転車コーナーへ。
一応、安い電動アシスト付き自転車を見つけたので店員さんに聞きます。
すると、ここからは配送は無理ですが大阪のお店に在庫があればそこから送ることが出来ると言われました。
電話で確認してもらうと在庫もあるとのこと。
最悪引越しでお願いしないとと思っていたのでラッキでした。

これで大阪への荷持は!(^^)!確定です。
あとはダンボールに本や書類、布団、引越し用の洋服用ケースを2個用意しスーツや私服、普段着などを入れていきます。
これで後は引越し業者を待つのみです。
地元の市内同士の引越しだと当日に搬出と搬入に自分が立ち会い、引越しは当日で終わりますが、大阪への引越しは違います。
引取日と引越し日を決めていきます。
その間は引越し先の土地に用意されている倉庫に保管されるそうです。
どちらも平日に行いたかったので、金曜日に引取り、月曜に引越しすることに決めました。

金曜日に引取り、日曜日に大阪のマンションに行き、月曜の午前中に引越しをするという計画です。
火曜日から赴任先へ通います。

日曜に移動すると、購入した自転車の配送がありました。
これで足が手に入りコンビニなどに行きご飯を調達します。
(-_-)zzz寝るときに布団がまだ届いていないので、服をかけて寝たのがちょっと不便でしたが、冬ではないので寒いということはありません。
月曜日に引越し業者が出来てマンションに置くものが全て揃いました。
この日は夜に使う布団、明日使うスーツなどを用意しました。
DVDプレーヤーも接続して、早速テレビも(^^♪満喫。

これからしばらく単身赴任ですが、なかなか過ごしやすい住まいになりそうです。

Category:

小さくなりすぎた鉛筆の行く末

子どもが二人、上の子は5年生。
そして、当然の如く、溜まりに溜まった小さな鉛筆。
頑張れば使えないこともない。

でも、明らかに使い勝手が悪くなっており、家でメモ書きに使う程度。
そして、捨てるには忍びない鉛筆たちなのです。(>_<)
610g
なにか画期的な使い方がないかと思い、「小さい鉛筆、使い方」で検索をしてみました。
やはり、多くの人が「もったいない(-_-;)」と考えているようで、捨てるに捨てられず持て余しているご様子。

鉛筆のお尻とお尻を瞬間接着剤でくっつけて、寿命を延ばす。
鉛筆ホルダーを使って、ギリギリまで使う。(>Δ<`*)

まあ、考えれば思いつくようなアイディアしか検索出来ませんでした。

やはり、行く末はゴミ箱なのでしょうか?
因みに、1本も捨てられずにいる我が家では、青汁の空き箱満杯に小さな鉛筆が溢れています。

検索途中で、
使わなくなった文房具や勉強道具を発展途上国で役立てよう!」
という主旨のホームページも見つけました。

そりゃあ、役に立つのはいいけれど、半ば使い終わった小さな鉛筆を送りつけるのでは失礼極まりなく、やはり人道的にありえません。

一度、子どもに夏休みの工作の宿題の材料として使うように進言したことがあります。

わざわざ材料を仕入れなくても、あるものを使って作るならエコだし、なんて素敵な考え!とウキウキしたのは私だけ。?(o ロ o ?)

宿題を仕上げなくてはならない本人には却下されてしまいました。
何を作れっつーの!(-“”-;)」まあ、確かに。

そんなわけで、暫くは小さな鉛筆を量産する生活が続きそうです。
シャープペンシルも使い始めましたが、担任の先生によっては、鉛筆至上主義の方もいらっしゃるのです。
さて、どうしたもんかな・・・。ε-(_- ) 

Category:

スマホもひかり電話に変身!

610f

インターネットの光回線をご自宅で使用している人が多くなってきているので、
電話、ネット、テレビのセットで申し込みをする人が増えたのではないでしょうか。
もちろん我が家も、自宅にひかり回線を引いたと同時にひかり電話に加入しました。(^^)

ひかり電話にすると、通話品質が下がったりするのかなと思っていたのです、たまに電波が途切れることはありますが、日常生活には問題なく使用出来ています。
実家が遠方で固定電話で長電話してしまうことも多いので、とっても助かっています。(^^)v

そして、最近では、このひかり電話、実はひかり電話オフィス対応のビジネスホンという物もあるようです。
もちろんん、iPhoneでもAndroidでも両方のスマートフォンでひかり電話を使用出来るようです。
お手持ちのスマホでひかり電話を使用するには、ちょっとした作業が必要なようです。

まず、フレッツ光ネクスト、フレッツ光ライト、ひかり電話の契約をしていることが必須です。
そして、自宅に無線LAN環境が整っていること必要があります。
そして、最後にもう一つ、『スマホdeひかり電話対応アプリケーション』というアプリをダウンロードする必要があります。

私の知り合いのお店では中古のビジネスフォンを使っています
ビジネスフォンに関しては上手に利用すると、業務効率が大幅に向上します。
そして、通信費を大きく削減できるのも魅力のひとつですね。

海外へかける方が多い方も、ひかり電話にすると、半額以上の値段で通話できるようになります。
アメリカに至っては、通話料が通常の85%オフになるようです。

利用状況に合わせた最適な環境で電話を使えるというわけですね。(^_-)-☆

Category: